非正規店の利用におけるメリット

データを消さずに修理ができる

正規店では、基本的に初期化してから修理するのが一般的です。しかし、タッチパネルが操作できなかったり、スクリーンが割れてしまったりなどの場合バックアップを取ることができません。非正規店で修理してもらうと、データはそのままで故障した部分だけを修理することが可能です。初期化してしまうと、また一からアプリを入れたりなど面倒な作業をしなければいけませんが、そのような必要はないのです。 普段からバックアップをとる習慣がない人に取っては、嬉しいメリットですね。 非正規店は待ち時間も少ないことが多く、持ち込んだらすぐに修理してもらえることもあります。できるだけ早く修理したい人にとっても、非正規店はメリットが大きいと言えるでしょう。

正規店ではできない修理が行える

非正規店のメリットは、正規店では受けられない修理が受けられることもあげられます。ホームボタンが反応しない、3年以上経過したiphoneのバッテリーの不具合、データの復旧などは、正規店では行ってもらえません。しかし、非正規店ではこれらの故障の他にも、こまごまとした故障に対応してもらえます。 そして、料金が安いことも非正規店のメリットです。特に、AppleCare+に加入していない人に取って正規店での修理はかなりの出費を強いられることになりますが、非正規店なら格安で修理することが可能です。もちろんAppleの純正品ではありませんが、Appleが仕入れているのと同じメーカーから仕入れているお店なら、同じクオリティのパーツを使用して修理することが可能です。

iphone6sの修理は、画面や内臓バッテリーの交換や、本体全体の傷取りなど全般的な作業を依頼することができます。

© Copyright iPhone Broken Reason. All Rights Reserved.