正規店ならではの特徴

正規店でiPhone修理を行うメリット

iPhoneを破損して修理したい時に、正規店か非正規店のどちらを利用すればいいのか悩んだ経験がある人は多いのではないでしょうか。あまり知識がないと、どこが違うのか気になってしまいますよね。そもそも正規店はAppleに認可されているお店、非正規店はAppleに認可されていないお店のことです。したがって、Appleの正規店では純正品の修理部品を仕入れていますが、非正規店では純正ではない修理部品で修理しています。

正規店では必ずAppleの純正の部品を使うため、画面の明るさや画質が変わるなどの差異が生じないというメリットがあります。さらに、AppleCare+が適用されるので、修理後は2年間の無償修理が保証されます。その他にも、画面が割れた際は2回まで安い金額で修理できることも最大のメリットといえるでしょう。

正規店のデメリットとは

正規店でiPhone修理を行う際は、メリットだけではなくいくつかデメリットもあります。例えば、修理を始める際は必ずiPhoneを初期化されることです。故障の状態によってはiPhoneの初期化が必要でないケースもありますが、基本的に初期化してから修理を進めることがほとんどです。つまり、修理に出す前にきちんとバックアップをしておかないとデータがすべて無くなるので気をつけなければいけません。

その他にも、正規店で修理を依頼するとかなり時間がかかる可能性が高いです。というのも、正規店の店舗はとても少なく、ユーザー数に対して店舗数が足りていない状況だからです。したがって、休日はもちろん平日でも時間帯によっては人でとても混雑しています。故障してもスピーディーにサービスを受けることが難しいので、覚悟する必要があります。

iphone6sのバッテリー交換は、正規キャリアと街中の修理業者では費用や納期が異なるため、慎重に依頼先を決める必要があります。

© Copyright iPhone Broken Reason. All Rights Reserved.