正規店を利用するメリット

サービスが充実しているのがメリット

アイフォンを修理するときには非正規店と正規店を利用できます。正規店を利用するときには多くのメリットがあるので知っておきましょう。アップルの正規店に持っていき修理をするときには製品保証やアップルケアプラスを利用する事が可能です。アップルケアプラスは加入をしておくと2年間は無償で修理をしてくれます。何かあったときに助かるサービスなので入っておいて損はないです。また画面が割れたときには2回まで安い金額で修理をしてくれるのでお得感が非正規店と違います。他にも製品のリコールが発生したときには正規店なら特別なサービスを利用できるのが特徴です。また修理するときに使う部品はすべて正規のものなので、非正規店と比べて質が高いのもメリットと言えます。

改造品扱いにならないので安心

非正規店を利用してアイフォンの修理をしたときには非正規パーツを使い修理を行います。これはデメリットになる部分なので注意しておきましょう。基本的にアイフォンは非正規店で修理を受けたときには改造品として扱われます。これによりアップルケアプラスの保証期間内であっても公式の修理を受けられない場合があるので注意が必要です。具体的にはアップルケアプラスの保証が効かなくなるとメーカーの保証が受けられなくなるデメリットがあります。またキャリアの下取りができなくなるので気をつけておきましょう。正規店を利用すればアイフォンの価値を下げることなく修理をする事ができるので安心です。今後の事も考えると正規店を利用するほうが安心と言えます。

iphoneの充電ができない場合は何らかのトラブルが生じている可能性があります。最寄りの修理店へ持っていき早急にみてもらいましょう。

© Copyright iPhone Broken Reason. All Rights Reserved.